技術士稲門会 2022年度総会 報告

 2022年6月11日(土)、西早稲田キャンパス52号館301教室をメイン会場として、オンラインと対面のハイブリッド形式で総会を開催しました。昨年に続き、オンライン併用のため、地方在住会員や学生が参加しやすかったようで、顧問の先生と会員25名、並びに23名の学生、計48名が参加し、本総会が進行しました。また、明治大学技術士会・東京電機大学技術士会・蔵前技術士会の他校技術士会の方々の参加をいただきました。
 原田会長による開催挨拶の後、令和3年度会計報告及び大学技術士連絡協議会等の活動報告が、笹口幹事長により行われました。その後、「技術士への誘い」として、一色幹事から技術士資格の詳細やメリット・勉強法等について、現役学生に対して説明が行われました。また、理工学部機械工学科卒・機械工学専攻修了の塩見英一様から、「楽しく学び続けて」とのタイトルで、技術士一次試験の受験体験についての話がありました。
 今回の講演は、日本の課題として挙げられている原子力発電について、資源エネルギー庁課長補佐の青田優子様より「高レベル放射性廃棄物処理事業について」の説明があり、稲門OGであり第36代日本原子力学会会長の藤田玲子様から「高レベル放射性廃棄物の大幅な低減・資源化」と題して、高レベル放射性廃棄物の削減のため、廃棄物の中に含まれる貴金属を取り出し再資源化する技術について説明がありました。エネルギー政策だけでなく国際展開を含めた日本のポテンシャルについて、考えさせられる内容でした。
 コロナ禍と言う事もあり、残念ながら総会終了後の懇親会は行わず、散会となりました。ハイブリッド形式での総会開催にあたり、岩波先生をはじめゼミ学生の皆さんに運営のご協力いただきました。この場をお借りして感謝申し上げるとともに、各会員のご健康と一刻も早くコロナが収束することをお祈り申し上げます。

カテゴリー: 連絡 | コメントする

2022年総会、講演会のご案内

 今年も、技術士稲門会総会をオンライン併用で開催いたします。総会講演会では、稲門出身で元科学技術振興機構 (JST) ImPACTプログラムマネージャーの藤田玲子先生から、放射性廃棄物処理の現状と将来についてお話しをいただく予定です。
 また、講演会の前には、学生やOB/OG向けの「技術士への誘い」を開催します。これは大学と連携して当会が毎年主催している技術士制度の説明会です。技術士や修習技術者の先輩から、技術士の生き方や第一次試験の概要を紹介していただきます。学生に加えて皆様のお知り合いで技術士を目指している方々に、ご参加の案内をお願いします。
 ウェブ参加も可能です。遠方の会員の皆様も、ぜひご参加をお願い致します。

  • 日 時:2022年6月11日(土)13:00~16:00 (12:30より会場/ウェブともに受付開始)
  • 場 所:理工キャンパスの会議室とZoomによるオンラインの併用開催
    (理工キャンパスor Zoom参加のどちらかを申込時ご連絡ください)
  • 議事次第:
    13:00~13:30 会長挨拶、技術士稲門会総会
    13:30~14:30 「技術士への誘い」- 技術士制度、技術士資格の説明会
    14:30~14:45 高レベル放射性廃棄物の処理事業について(説明:資源エネルギー庁)
    14:45~15:45 講演会 演題:「高レベル放射性廃棄物の大幅な低減・資源化」
                  講師:藤田 玲子 先生(日本原子力学会 福島特別プロジェクト代表)
    15:45~16:00 ウェブ参加の皆様からのご意見、ご質問
  • 参加費:会場参加、ウェブ参加ともに無料(学生も自由に参加できます)
    申込先:笹口()宛メールでお申込みください。(申込締切り:6月3日)
    お申込みいただいた方には、直前に理工キャンパスの教室番号or ZoomのID, P/Wをお知らせしますので、連絡先メールアドレスを忘れずにお書きください。
  • 技術士稲門会会員の皆様へのお願い
    毎年、会員の皆様へ年会費のご協力をお願いしておりますが、納付状況は芳しくありません。当会の運営は、すべて会員の年会費のみで賄っています。総会に参加されない会員の方々も、ぜひ年会費の徴収にご協力ください。なお、年会費は2,000円です(学生会員は無料)。2017年度から、「終身会費」の制度が導入されました。年会費の10年分にあたる20,000円を終身会費としてお納めいただくと、翌年以降の年会費の納入が不要となります。多くの会員の皆さまも、ぜひこの機会に「終身会費」の納入にご協力ください。年会費、終身会費の納入は、下記の銀行口座へのお振込みとなりますので、ご協力をお願いいたします。
  • 会費等の振込先
     みずほ銀行飯能支店(店番号:303)
     口座番号:2002411 口座名:技術士稲門会
カテゴリー: イベント案内, 連絡 | コメントする

技術士稲門会 2021年度総会 報告

 2021年6月12日(土)、西早稲田キャンパス52号館201教室をメインハブとし、コロナ拡大の時節柄、今回初めての試みとして、インターネット上のオンライン形式で総会が開催されました。オンラインと言う事もあり、地方在住会員や学生も参加しやすかった様で、顧問の先生と会員の24名、並びに25名の学生、計49名の参加のもと総会が開催されました。
 原田会長による開催の挨拶の後、令和2年度会計報告や大学技術士連絡協議会などでの活動報告が、笹口幹事長により行われました。梅津名誉教授からは当会の特徴など、学生への呼びかけが行われました。続いて、新たに参加することになった会員から挨拶がありました。その後、「技術士への誘い」として、一色幹事と第一次試験合格者による技術士資格の詳細やメリット・勉強法など、現役学生に対して説明が行われました。社会人になってから勉強するのは大変であり、技術者として生きていくためには、避けて通れない資格であるため、学部3年もしくは院生1年の時に合格するべきだとの話がありました。
 記念講演では、「建設技術者が技術士になった実感について」と題して、岩波 基教授(創造理工学部 社会環境工学科)から、技術士となることの意味と利点について、ご自身の経験から、わかりやすい説明がありました。
 コロナ下と言う事もあり、残念ながら総会終了後の懇親会は無く散会となりました。今回オンライン形式での総会開催にあたり岩波先生をはじめゼミ学生の皆さんには運営にご協力いただきました。この場をお借りして感謝申し上げるとともに、各会員のご健康と一刻も早くコロナが収束することをお祈り申し上げます。

カテゴリー: 連絡 | コメントする

2021年度総会、講演会のご案内

 会員の皆様には、コロナ禍の中でもご健勝にお過ごしのことと存じます。
 今年は、ウェブを使って技術士稲門会総会を下記の要領で開催いたします。総会講演会では、当技術士稲門会の顧問でもあり、自ら技術士でもある創造理工学部 社会環境工学科教授 岩波 基先生から、技術者と技術士資格についてお話しをいただく予定です。
 また、講演会の前には、特に学生向けの「技術士への誘い」を開催します。これは大学と連携して当会が毎年主催している技術士制度の説明会です。技術士や修習技術者の先輩から、技術士の生き方や第一次試験の概要を紹介していただきます。学生でなくとも皆様のお知り合いで技術士を目指している方々に、ご参加の案内をお願いします。
 ウェブ開催ですので、普段はなかなか大学キャンパスまで足をお運びいただけない遠方の会員の皆様も、ぜひご参加をお願い致します。

2021年4月吉日
早稲田大学技術士稲門会会長 原田敬美

日 時: 2021年6月12日(土)13:00~16:00 (12:30よりウェブ受付開始)
場 所: Zoomによるウェブ開催(同時に、理工キャンパスの会議室も準備します。当日、理工キャンパスの会場で参加されたい方は、事前にご連絡ください)
参加費: ウェブ講演会につき無料(学生も自由に参加できます)
申込先: 笹口(sasaguchi@ruri.waseda.jp)宛メールでお申込みください。(締切り:5月31日)お申込みいただいた方には、直前にZoomのURL, ID, P/Wをお知らせします。

議事次第

13:00~13:30 会長挨拶、技術士稲門会総会
13:30~14:30 「技術士への誘い」‌
学生、OB/OG向け技術士制度、技術士資格の説明会
14:30~15:30  講演会 
演題:「建設技術者が技術士になった実感について」
講師:岩波 基 先生(創造理工学部 社会環境工学科)
15:30~16:00 ウェブ参加の皆様からのご意見、ご質問

 

カテゴリー: イベント案内, 連絡 | コメントする

令和2年 大学技術士会連絡協議会総会 報告

  令和3年1月30日(土)、東京理科大学神楽坂キャンパス森戸記念館をメインハブとして、「大学技術士会連絡協議会総会」が行われました。コロナ拡大の時節柄、今回初めての試みとして、インターネット上のオンライン形式で総会が開催され、当会より9名の会員が参加致しました。
 当日は、オンライン形式と言う事もあり、日本全国の大学及び関係者が参加し、総参加団体36校・87名により総会が開催され、昨年以上の盛上りとなりました。
 今回会場となった東京理科大学理窓技術士会 山極時生会長の開会の言葉の後、新事務局 東京都市大学 佐藤貢一会長/明治大学 藤田和夫幹事長から挨拶がありました。続いて幹事校の退任として、当会 原田敬美会長より、大技連へのこれからも変わらぬ協力について、お話がありました。また、名古屋工業大学 田中秀和会長からも、お言葉をいただきました。(東京理科大学/中央大学 計4校が、今回退任いたします。)
 かわって新幹事校となる、東北大学 桑江良明会長/中部大学 服部幸造幹事/東海大学 齋藤寛常任幹事/東京大学 中村博昭副会長、また、新規加盟校である東京海洋大学 市川正和様/秋田大学 村山肇様/放送大学 武内晋哉様による会への期待や取組について表明がありました。
 残念ながら恒例の記念講演はありませんでしたが、来年度 東京で開催される技術士全国大会や技術士倫理綱領・新CPD登録制度・日本技術士会年会費変更などについて、当会 笹口裕昭幹事長/貴志公博理事より説明がありました。
 閉会の言葉として、中央大学 内藤堅一会長より各大学の連帯と活性化について話があり、終会となりました。
 コロナ拡大の下、本総会の開催のため尽力していただいた、新・旧事務局及び幹事校の皆様に厚く御礼申し上げ、当会としても引き続き、大技連運営に協力していきたいと思います。

カテゴリー: 連絡 | コメントする

― 東京都市大学柏門技術士会会報誌への寄稿 ―

技術士稲門会会員の皆様

我々稲門会をはじめ、全国で33校の大学技術士会が相互の情報共有と親睦を目的に、大学技術士会連絡協議会(大技連)を組織していることはすでにご存じのことと思います。

技術士稲門会とともに、大技連設立当初からのメンバーである東京都市大学(旧武蔵工業大学)柏門(はくもん)技術士会は、現在でも幹事校の一つとして、大技連の中でもリーダーシップをとって活発な活動を続けています。技術士稲門会にとっても、見習うべき点が多いです。

その活動の一環として、毎年柏門技術士会の会報誌を発行しており、今年の会報(柏門技術士会会誌第17号,2020年10月, Page2特別寄稿)に我が技術士稲門会の原田会長のメッセージが掲載されました。

ぜひ会員の皆様にもこのメッセージをご一読いただくとともに、東京都市大学柏門技術士会との、さらなる交流を深めていくべく、皆様にご案内をいたします。

会員の皆さまも、柏門技術士会のメンバーにお知り合いの方がいれば、さらに交流を深めていただきたいと思います。
2020.10.18

幹事長 笹口裕昭
以上

カテゴリー: 会長から, 報告, 連絡 | コメントする